奈良で厳選素材の肥料を製造販売している田宮園芸の一押し商品は天理培養土です

お問い合わせはこちら

製造工程

奈良の田宮園芸の肥料は植物の健全な育成に貢献しています

FLOW


田宮園芸オリジナル堆肥づくり

STEP1 打ち返し作業

主原料のスギ・ヒノキのバークチップ材(粉砕レベル約6㎜)と馬糞のみを用いて1~2年間、腐熱度を観ながら「打ち返し」の作業を始める。
(発酵促進剤を混ぜないで自然発酵させる)

STEP2 発酵促進(自然発酵)

5~6mほどの高さまで堆積させ、発酵中の水分と熱のバランスを中央に集め、さらに発酵を促進させる。
(有効微生物の働きで堆積中温度は70~80℃まで上昇)

STEP3 有機質バーク堆肥の完成

腐熱が進むにつれ微生物の働きが衰え、土壌温度も下がり、完熟した黒々さとふかふかな有機質バーク堆肥のできあがり。
(工程機関:1~2年間)


花と野菜の土(培養士)の製造工程

STEP1 厳選された原材料を仕入

オリジナル原料から国内外の原料を厳選

STEP2 屋内へ原材料搬入

原材料検品(Check)

STEP3 配合(原材料の計量・投入)

商品に応じて撹拌機にて配合

STEP4 自動梱包機にて袋詰め

日産約3,000袋以上

STEP5 パレット積み

鉄製パレットおよびプラスチックパレット対応

STEP6 一時保管

商品規格別に整理整頓

STEP7 お取引様へ出荷

自社配送便および委託配送便対応


肥料を奈良で販売及び製造している田宮園芸は、植物が成長するために必要な栄養分を徹底的に研究し、植物にも環境にも優しい配合を実現させております。商品の質にこだわるのはもちろんのこと、植物を大切に育てたいと考えるお客様に安心してお買い求めいただけるよう、ご不明な点やご質問に分かりやすくご説明する、丁寧な対応にも力を入れております。製造工程にもこだわりを持ち、上質な原材料を仕入れ、時間をかけて全てのお客様にご満足いただける製品作りを行っております。
品質については確かな自信を持っておりますので、農業経営者様や園芸小売店様等、幅広い業種の方よりお褒めの言葉を多数頂戴しております。外部環境に左右されず、植物がすくすくと成長するためには土の質が高いことが必要不可欠ですので、奈良で肥料を作る田宮園芸の製品にご興味がありましたら、ぜひお問い合わせください。